20週間でイノベーションが起こせる組織開発メソッド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

ブラック企業が残業を半減させたイノベーション、それは問題の再定義(リフレーミング)である

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Sun., 14 Jan, 2018]

改善ではなくイノベーション=革命は、トップの号令から始まる

president.jp

 

名物経営者の小山昇さんが行った残業削減革命とは・・・

 

1)残業をしない人のほうが、残業をして月々の残業代を稼ぐ人よりも年収が多くなるようにした

2)iPadを正社員だけでなくアルバイト、パート、内定者にも全て支給し業務の連携が「速く」行えるようにした

3)「早帰り推進チーム」を設置し、「売り上げは下がってもいいから残業時間を減らせ」と号令をかけた

 

つまり・・・なぜ残業が減らせないのか?

この問題を、リフレーミングすることで

 

「残業すると収入が減る」から、減らせないという本当の問題を発見できたわけです

 

これを解決するために、上記のようなアクションを「トップの強権発動」で実施

 

結果・・・

 

「私が最初に「売り上げは下がってもいい」といったのは、たとえそうであっても早く残業がない会社にしておいたほうが、長期的に見れば会社にとってメリットがあると考えたからです。そして、実際、残業撲滅に取り組み始めてから2年強で、人件費は1億5000万円減り、経常利益は2倍になりました。」

 

「よく、自分の会社も残業を減らしたいのだがうまくいかないという社長がいますが、社長が先頭に立って「やれ」と強権を発動しないかぎりうまくはいきません。なぜなら、残業を減らすというのは会社に革命を起こすことだからです。改善では76時間を45時間にはできませんよ。」

 

 

iPhoneが発表された時は、革命的なイノベーション

 

iPhone4,5,6,7,8…と、だんだんとイノベーションは「発展的」となった

 

大きな変化には、革命が必要だ!

 

 

--------------------

2月以後の複業予定・・・

お時間が合えば、お話しましょう

 

 

2/12(祝) BMIAビジネスモデルオリンピア2018

<循環とダイナミズム>

 

 

2/21 (長野)医工連携・市民も参加のワークショップ

 

 

2/25(日) BMIAヘルスケア分科会ワークショップ

 

 

2/28(水) 国立医薬・基盤研ワークショップ第2回

<顧客の本音をあぶり出す!バリュープロポジション・デザイン体験会>

 

 

3/8-9 (Bangkok)LSP Asian Community Meeting

 

 

3/10(日) BMIAコンサルタント基礎講座

 

 

5/19-24(BMIA) FORTHイノベーション・メソッド公認ファシリテーター養成講座

 

-----------------

 

 

 

読書会型ワークショップで、全員参加型組織学習が実現できる?

 

そうですよ!

日記バイオテクONLINEに、その効果効能が唄われていますよ!!

 

【日記】モバイル特急券は曲者・・・安定したWiFiに繋がない限りダウンロードしてはいけません

ことの発端は、徳島・・・大雪で、空港にリムジンバスが到着できず・・・

やむなくタクシーで会場に向かいました

(しかも手持ちの現金で支払いできず、主催者さんに支払いしてもらった始末...爆)

 

さて、徳島を朝イチに出て、羽田に到着すると、・・・
—————

ヤマモト シン 様

01月12日ANA315便
東京/羽田09:55発 - 富山10:55着は
富山空港雪のため、天候状況を確認した結果、条件付きの運航となりました。

<結果>
富山空港に着陸出来ない場合は東京/羽田空港に引き返す可能性がございます。あらかじめご了承ください。

ご搭乗手続きをお済ませのうえ、出発時刻の10分前までに搭乗口へお越しください。
—————

 

なんと!
急遽、払い戻しをして(こういう場合は手数料は無し)・・・

モノレールで浜松町経由、東京駅

モバイル特急券、買ってしまったのが間違いだった・・・

購入は普通にできたのだが、受け取り(ダウンロード)が出来ない

ああ、あの悪夢が再び・・・
http://blog.shinyamamoto.com/entry/2017/10/04/064014

 

そう、通信環境がWiFiでないと、モバイル特急券はダウンロードできないのでした

 

東京駅構内の、JR-EAST Central WiFiは超不安定

GranSta(地下1F)にあるコーヒー店でも、全然ダメ

同じエラーメッセージが繰り返されるのみ

 

結局、1時間以上粘ったのですが、もうプッツーンとブチギレ

(腹ごしらえで、ASANOYAでパンとコーヒーを買いましたが...笑)

 

速足で切符売り場へ

若いお姉ちゃんに、笑顔でどぎつい文句
「“安定した”通信環境を、整えてもらえんかねぇ?」

 

しどろもどろのお姉ちゃん、奥に引っ込み戻ってくると
「もうお時間ありませんから、改札に行ってください、そのまま乗車できますから・・・」

 

仕方がないので改札へ

その前に再度、JRのWiFiでチャレンジするも、環境の不安定さは変わらずらしく、購入したはずの情報にも辿り着けない

 

改札口はお兄さんだったので、こちらでも笑顔でゴッツくクレーム
「モバイル特急券がダウンロード出来ないんだけど、どうしてくれる?」

 

この時点で、出発まで10分

結局、ごにょごにょして・・・「これで乗車できますから」と乗車証明書なる小さなペラペラの紙切れを渡される

車掌の端末を見れば、空席がわかるので、聞いて座ってくれ・・・と

 

なんともお粗末な対応

 

仕方ないので、23番線ホームにあがるも、北陸の大雪の影響で、該当の「はくたか」も出発が9分遅れていた

しばし待って、乗車

 

そういえば、〜号車の〜番Dだったっけなぁ・・・と座り込む

 

上野駅過ぎくらいに、声を掛けられるという想定で、コートも脱がずiPad Proを開き、メールをチェックしていると・・・

なんと、モバイル特急券の情報はメールで届いていたのです
ーーーーーーー

 

Suicaの名称:名称未登録をご利用のお客さま

モバイルSuica特急券のご購入ありがとうございます。

ご注意
auフィーチャーフォンおよびGL07Sでは、表示されている期限・乗車日によらず、2018年1月23日以降受取りできなくなります。詳しくは、モバイルSuicaホームページ「大切なお知らせ」をご覧ください。

□乗車日
 1月12日
□利用区間
 東京⇒富山
□利用列車
 はくたか(全車禁煙)559号
 10:32発⇒13:16着
 指定/禁煙
□座席番号
 〜号車〜番 D席
□購入額
 〜〜〜円
特急券番号
 20180112——-

ご乗車の際は受取りのうえご利用ください。

サービス提供:JR東日本
ーーーーーーー

 

なぁんだ、メールで届いてるじゃん!(驚)

定かでない記憶で座った座席が、正しかったことを褒めてあげよう

 

Apple WatchモバイルSuicaが使えないのが格好悪いですが(泣)・・・

 

当日や急遽の出張でモバイル特急券を購入したら、安定したWiFi(公共WiFiはおそらくほぼNG)に繋がない、限り決してダウンロードをしてはいけません

 

改札の前でごにょごにょ言い訳をして(その際に、メールに届いている情報を提示して)、乗車証明書というちっこい紙切れもらえばいいのです(爆)

 

昨年の活動を「漢字一文字」に凝縮するための3時間7ステップとは?

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Sun., 3 Jan, 2017] 本日のOne Shot

f:id:shyamamo:20180103225051j:image

 

ということで、今年の新年は妻の実家に帰省し、いつも通り自身のみ1泊で帰宅して元旦の晩にこれをやろうと目論んでいたのですが・・・まさかの娘の体調不良!

 

家族全員、1泊で帰宅してしまったため、実施が遅れました(大汗)

 

そうです、1年を振りかえって漢字一文字にまとめる、という大仕事です

 

毎年、結構楽しみに続けています

 

昨年の実施レポートは↓こちら↓

 

 

一昨年の実施レポートは↓こちら↓

 

 

今年も、全く同じ手順で実施しました。

 

概要の7ステップを供覧しましょう。

 

 

1) この1年に実施したこと、成し遂げたこと、心に残っていること、などなど順不同、公私混同、ジャンルもこだわらず、とにかく出し尽くす(マインドマップがおすすめです)

 

→ 今年はA3コピー用紙に、カラー筆ペンでガンガン書き出しました

 f:id:shyamamo:20180103225110j:image

 

 

2) 新たなA3 or A4サイズの紙に、ミニマインドマップで、ブランチを「1月」から「12月」と12本伸ばし、先の1枚目のマップから、その出来事や思い出がいつ頃だったかを思い出しながら、該当する月の枝を伸ばしていく

 

手帳やカレンダーを見返しながら、新たなことを思い出したら随時、付け加えてOK

 

→ こちらも今回はA3コピー用紙に、Googleカレンダーを見ながら記入・・・2枚になってしまいました(汗)

 

 

3) 思いつく限界まで枝を伸ばして、これでいいかなあ・・・となったら、出ている言葉全体を見渡して、グループ化

 

同じジャンルと思われるコトバに同じ色のペンで丸をつけたり、印をつける

f:id:shyamamo:20180103225132j:image

f:id:shyamamo:20180103225140j:image

こうして生まれた4,5個のグループに名前をつける

 

→ 2017年は「~~~づくり」が多く、確かに意識した1年でした

但し、ここから「創」にしてしまうのも、短絡的だなぁと思って改めてマップを見渡し・・・

 

昨年、最も印象的だったことは6月の大イベント、そして9月からの戦略的再就職

 

この3年を凝縮した挑戦、そして新たなステージに向かう”再”挑戦

 

つまり「挑」んでいた1年だったわけです

 

 

4) 集約したグループ名をメインの枝にして、新たにA4サイズのマインドマップを描く

→ いつものA4スケッチブックに、描きましたよ!

 

5)セントラルイメージは、Google検索などをして決めて描くか、印刷して貼り付ける

→ ここ数年で積み重ねてきた「土台=レンガ」から、新たな目標(2025年地域包括ケア完成への貢献)に向かって、挑戦し続けるためのスタート、という意味のセントラルイメージです

 

6)フル・マインドマップを完成させる

f:id:shyamamo:20180103225257j:image

 

7)1年をじっくり内省し、グループ名や全体を見渡して、漢字一文字を決める

→ 今回は、フル・マインドマップを描く前に決めてしまいましたが・・・

 

山本伸の2017年を示す一文字は「」としました

 

独立脱藩した2014年から積み重ねてきたものを全て捧げ挑戦した「ヘルスケアビジネスモデルイノベーション2017」

 

そして、蓄積を再度、大組織でイノベーションが起こせるかどうかを仮説検証し、2025年に向けてヘルスケア分野、志高き介護医療者、家族や自身の未来のために大きなものを生み出すために・・・

 

リスクを冒しても大組織でゼロからイノベーションを起こせるコミュニティ構築を開始!

 

サイロ化と過度な最適化により、分断されてしまった大企業のあちらこちらに隠れた”能ある鷹”を発見し繋ぐ、部門間連携を深化させますよー

 

本年もよろしくお願い致します

 

 

--------------------

1月以後の複業予定・・・

お時間が合えば、お話しましょう

 

1/4(満席御礼)はじめてのビジネスモデルキャンバス

新春スペシャ

 

1/6(残席3)FORTHイノベーション・メソッド入門講座

http://bmia-forth003.peatix.com/

 

1/8(残席2枠)なぜ勉強するの?

親子で一緒に「できたことノート」実践会

 

 

1/11 (徳島)食品工業会&管理栄養士さんのための

イノベーション研修会 

 

1/12 (富山)e-Toyama推進協議会講演会

「ゼロからイノベーションを起こす方法」

 

2/12(祝) BMIAビジネスモデルオリンピア

 

2/21 (長野)医工連携・市民も参加のワークショップ

 

2/24(土) BMIAコンサルタント基礎講座

 

3/8-9 (Bangkok)LSP Asian Community Meeting

 

5/19-24(BMIA) FORTHイノベーション・メソッド公認ファシリテーター養成講座

限定10名

forth002.peatix.com

-----------------

 

 

 

読書会型ワークショップで、全員参加型組織学習が実現できる?

 

そうですよ!

日記バイオテクONLINEに、その効果効能が唄われていますよ!!

http://nkbp.jp/2gM5Em3

 

 

ヘルスケア・イノベーションが起こせる組織づくりに欠かせない7冊〜2017年版

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!
異業種共創型でヘルスケア分野に
オープンイノベーションを起こしてみている

[Sun., 31 Dec, 2017]

 

今年はそれほど多くの本を読んだわけではないのですが(汗)・・・

印象的だった、またはFacebookで反響が大きかった書籍をまとめてみました

 

健康格差〜あなたの寿命は社会が決める

NHKでも放送され、相当反響があったようです

社会学的な研究成果も多く出始めているこの分野、自身も注目しています

 

 

 

未来の年表〜人口減少日本でこれから起きること

今も書店の店頭に平積みの一冊

分かっているのに誰も言い出さない事実を淡々と並べつつ、どうすればよいのかを具体的に提言している良書です

 

 

 

 

巻き込む力〜支援を勝ち取る起業ストーリーのつくり方

プレゼンテーションといえば、ナンシー・デュアルテさん

本書は、そのデュアルテ・メソッドの源流を組む著者らが、実際の起業や新事業創出に成功したプレゼンテーションを分析した一冊

山本伸自身も、この書籍に紹介された数々のプレゼンテーションをTTP(徹底的にパクる)して、6月のヘルスケア・ビジネスモデルイノベーション2017のイベントに多くの参加者を動員し、また、プレゼンテーションにより幾つかの協賛を得ることに成功!
再現性、かなり有りの一冊ですよ

 

 

 

ヘルスケア産業のデジタル経営革命

コンサルティングファームがまとめている一冊

BMIA会員向けのオンライン読書会には16名が集い、また、本書を用いて自身の勤務先グループでの部門間連携ワークショップには満席以上の17名が集い、大変盛り上がり、かつ自身のグループ内でのプレゼンスが一気に高まり有意義でした

書籍の中身はすごく綺麗で理路整然

ですが実際に「虫の眼」=患者、生活者の視点は乏しいなぁと・・・

企業や医療者・介護者が具体的に現場から何を得るべきか、については、我々BMIAヘルスケア分科会で注力しようと改めて襟を正しました

ヘルスケア産業のデジタル経営革命 破壊的変化を強みに変える次世代ビジネスモデルと最新戦略

ヘルスケア産業のデジタル経営革命 破壊的変化を強みに変える次世代ビジネスモデルと最新戦略

 

 

 

 

 

医療危機〜高齢社会とイノベーション

師匠のお一人である多摩大学医療・介護ソリューション研究所教授、真野俊樹先生の御著作

最近、注目度がグングン高まり 執筆のペースもグングンと速く、また内容が示唆深くいのです

本書の前作も、一般の方にとってもわかり易くてオススメですので、リンクしておきます

医療危機―高齢社会とイノベーション (中公新書)

医療危機―高齢社会とイノベーション (中公新書)

 
日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一 (講談社+α新書)

日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一 (講談社+α新書)

 

 

 

 

 

 

謙虚なコンサルティング

本書で紹介されている、コミュニケーションの「レベル0、1、2、3」という考え方により、自身のインタビューやコンサルティング能力を相当パワーアップできました

部下を持つリーダー、部門長、人財育成に関わる全ての方、またはイノベーションを起こそうとしているチーム・メンバーが顧客ヒアリングに向かう前に、必ず読むべき一冊

謙虚なコンサルティング――クライアントにとって「本当の支援」とは何か

謙虚なコンサルティング――クライアントにとって「本当の支援」とは何か

 

 

 

そして、本年のベスト オブ ベストは、つい最近ですが偶然にも書店の平積みで発見!

TRUST FACTOR トラスト・ファクター〜最強の組織をつくる新しいマネジメント

自身、イノベーションが起こせる組織のための「空気づくり」を専門にしており、過去の失敗・成功経験や社会学的な研究、過去のエビデンスを調査し書籍をいろいろと参考にしながら、極めて短時間で有効性を認めるプログラムを開発、実践しています

その結果として「自己肯定感」と「相互フィードバック」 が鍵であると結論づけていますが、そこに「信頼」というキーワード、かつ信頼を測定するという視点に、目から鱗がボロボロと落ちたわけです

大企業内でゼロからイノベーションが起こせるコミュニティづくりを始めて4ヶ月、非常によいタイミングで出会った本書こそ、文句なくのNo.1です

TRUST FACTOR トラスト・ファクター~最強の組織をつくる新しいマネジメント

TRUST FACTOR トラスト・ファクター~最強の組織をつくる新しいマネジメント

  • 作者: ポール J・ザック Paul J. Zak,白川部君江
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

----------

 

 

 

2018年こそ、イノベーションを起こそう!

が、しかし・・・何から始めればよいのか・・・(汗)


いい方法があります(笑)

 

例えば、書籍を皆で読み合い、学び合うことから、始めませんか?

100%全員が発言できる、参加できる会議や場づくりの「HOW?」、イノベーションリテラシーを小一時間程度で均一にする方法をたった1日で、学び合い体験できますよ
(6,500名の組織で進行中のナマ事例も共有できますよ)

bmia-forth003.peatix.com

 

「信頼」は測定でき、科学的プロセスで「構築」できる(書評)

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Sat., 23 Dec, 2017] 今日の1Shot

f:id:shyamamo:20171224011901j:image
信頼は8つの要素(頭文字を取って「OCYTOCIN」)の組み合わせで実現可能である

 


----------
科学的に「信頼」を定量化する
----------
久しぶりに立ち寄った大型書店で、手に取った一冊


組織内・部門間連携ファシリテーターを標榜し始めた自身、大変興味深々で即買いでした

TRUST FACTOR トラスト・ファクター~最強の組織をつくる新しいマネジメント

TRUST FACTOR トラスト・ファクター~最強の組織をつくる新しいマネジメント

  • 作者: ポール J・ザック Paul J. Zak,白川部君江
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 


著者のポール J. ザック教授は、オキシトシンの研究から「信頼」の力を科学的に解明し、かつ様々な組織で信頼を構築することで、パフォーマンスの改善に寄与している神経経済学者さん

 

本書のエッセンスは、TEDで視聴できます

www.ted.com

 

そうなのです

オキシトシンの測定から、信頼や共感が組織において、人間の関係性を良好にしコミュニケーションを円滑にし、イノベーションが実現しやすく各種のパフォーマンスも向上、成長するということが分かってきたのです

 

「ビジネスでは信頼が全てだ」
(メドトロニック前会長兼CEOビル・ジョージ)

 


----------
「信頼」を構築して成功している組織とは?
----------

Ovation...オベーション(賞賛)
・ベルギーの製薬企業で、15ユーロを自分に使うように指示された群に比較して、他者のために使うよう指示を受けた群では、1ヶ月後の売上高が大きく上昇(4.5 Euro vs. 78 Euro)

 

Expectation...期待
トヨタと提携したGMの工場で、品質と生産性に対する具体的な「期待」が設定され、GMの経営下では20%あった常習欠勤者が2%に改善

 

Yield...委任
・インドHCLテクノロジーズでは、「iGen」という社内サイトで従業員から新たな教育機会に関するあらゆるトピックでアイデアを募集。25%を実際に実行する「委任」主導型のイノベーションが評価され、フォーブスの「アジア優良上場企業100社」に選定されている。

 

Transfer...移譲
・オランダの介護サービス「ビュートゾルフ」は現場をチームで運営、指揮を看護師に任せている。顧客の91%が満足、従業員満足度も89パーセンタイル。モットーは「専門家の管理は専門家に任せよう」。

 

Openness...オープン化
・慢性腎臓病患者のための透析サービスを提供する「ダヴィータ」。隅々まで行き届いた情報共有の文化を構築、各治療センターが「村」として独立運営(移譲)され、地域の市場にスピーディーに対応(委任)でい現場の声を取り入れる環境も強化され、年間売上高80億ドルに達している

 

Caring...思いやり
・ディズニーは1930年代、夕方4時にビールを持ち込んで親睦会をしたり、従業員のためにバレーボールコートやソフトボール場を造ったり、卓球台を置いて自身も楽しんだ。従業員を心から気にかけているのだと行動で示し、従業員はそれに応えて優れたパフォーマンスを発揮した。


IDEOではEQの高い従業員を採用し、助け合いをデザイン・試作・テストという仕組みの中に組み込んでいる


マサチューセッツ総合病院精神科医ヘレン・リースは、医師が共感を学ぶプログラムを開発。今やジェファーソン医科大学コロンビア大学でも採用。共感力のトレーニングを受けた医師はそうでない医師と比べ、患者からより高い信頼を引き出していた

 

Invest...投資
・従業員の教育投資(スターバックス等)、社内リクルート制度(Facebook等)が効果的である

 

Natural...自然体
・飾らない、皆の声に耳を傾ける、ファーストネームで呼ぶ、現場の最前線に立つ、誠実に、他者に敬意を払う

 


----------
リーダーは自然体で友好的で、弱さをさらけ出せる
----------
米国マネジメント協会の2015年の調査では、従業員満足度を高める要因として「あらゆる従業員への敬意ある対応」が「上司への信頼度」を上回りました(p.23)

 

グーグルの「プロジェクト・アリストテレス」が社内180チームを調査したところ、高業績は「信頼の文化」が育まれているかを見ることで予測できることが分かりました(p.23)

 

ハーバード・ビジネスレビューの世界的な調査から、リーダーが他者に敬意を払う
は、組織の目標に対するコミットメントに影響を及ぼす、最も重要なリーダシップ行動であることが明らかになりました(p.285)

 

また、「世界の覇者」的な強気なリーダーよりもサーバントリーダーの方が、従業員の信頼度が高いことがわかりました(p.292)

 

さらに、多くのCEOが、組織の信頼度の低さは成長を阻害すると考えているものの、殆どの企業は信頼に対する理想と現実のギャップを埋めるために「何をすればいいか見当もつかない」のです(p.24)


ですから、本書で紹介されいてる8つの要素「OXYTOCIN」を解説している第2章から9章の末尾にある「月曜の朝のリスト」を実行していきましょう

 


結論として、ドラッカーさんがおっしゃっているような組織が出来上がりますよ
「現代の組織は、上司と部下の組織ではない。それはチームである」

 

 

そうは言っても、・・・と動けずお悩みですか?
いい方法があります(笑)

 

例えば、書籍を皆で読み合い、学び合うことから、始めませんか?

100%全員が発言できる、参加できる会議や場づくりの「HOW?」、イノベーションリテラシーを小一時間程度で均一にする方法をたった1日で、学び合い体験できますよ(6,000名の組織で進行中のナマ事例も共有できますよ)

bmia-forth003.peatix.com

 


今すぐ、何か手を打たないとヤバイので実践を目の前で見せて欲しい方は・・・

最悪の未来を可視化し、チームをつくり学び合いを最適化させる、組織(再)構築ファシリテーター山本伸にご用命を!

www.shinyamamoto.com
(お問い合わせフォームにコメントください)

 

なぜ「あげあげホメホメ」するだけで組織内がガラリと変わっていくのか?

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!
異業種共創型でヘルスケア分野に
オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Tue., 5 Dec, 2017] 今日の1Shot
大先輩でPDCFAメソッド開発者の永谷さんの、もう一つのキラーコンテンツ「できたことノート」がAERA for Kidsにて紹介されました

f:id:shyamamo:20171206215002j:image

 


----------
驚愕の永谷メソッド、その魅力とは?
----------

イノベーションや新規事業に携わるヒトの人事評価について、お困りではありませんか(お困りですよね...泣)?

 

そんなアラフォー子持ち課長やチームリーダーさんのもう一つのお悩みが「教育」でしょう

 

子どもがテストを持ち帰ってきた時に、ついつい言ってしまう「あぁ〜あと5点で100点だったのに〜!」

 

ゲームばかりしている息子に、思わず言ってしまう「勉強しなさいよ!」

 

これでは、凹みや欠点を否が応でも認識させられたり、やる気が削がれてしまうのは当然

 

大人の我々も、新人時代に上司や先輩から同じように、声かけされたり罵声を浴びせられたことを思い出しましょうよ・・・全く同じです(大汗)

 


当方が考えるイノベーション・新事業の肝は「空気づくり」から始めること

 

具体的には、どうすれば良いのでしょうか?

 

一つのやり方が、冒頭で紹介した「できたことノート」をつけて、自己肯定感を取り戻すこと

 

更に、特に大人の組織内においては、最適な答えがあります

 

当方のビジネスパートナーであり高校の大先輩である永谷研一さんの「PDCFAメソッド」とICTの仕組みこそ、相互で自己肯定感を高める仕組みを無理なく自然に導入・運用できるツールです

 

PDCFAメソッドとは、↓本書↓を読み解いていただきたいのですが、・・・

人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術

人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術

 

 

簡単に言うと、

 

「一人よがりな目標設定」と「ネガティヴなチェックばかりの粗探し」により、殆どの大組織では機能しないPDCAのCとAの間に「フィードバック」、しかもリフレクション(内省)と他者からの共感+質問で、確実に目標を達成させる技術

 

なのですよ、凄いでしょう?

 

だって日本人は、達成できる目標の立て方なんて、学校で習いませんからね


さて、自身、このメソッド開発者の永谷さんとは2013年に出会いました

 

なぜか(幸運以外の何物でもない、偶然で)教育系のTED風カンファレンスに登壇させていただいた時、同じくご登壇されていらっしゃいました

 ↓

つながる教育、つなげる未来 (GKB48 教育カンファレンスシリーズ)

つながる教育、つなげる未来 (GKB48 教育カンファレンスシリーズ)

 

 


FBで繋がってみると、なんと高校の大先輩!一気に親近感がわき、早速、御著作を読んだりブログをくまなくチェックしたり、...

 

知れば知るほど凄い先輩だったのでした


2014年に会社を離れ独立し、組織活性化の仕事を始めたので、PDCFAメソッドに近い試みを始めました


レゴ®︎ シリアスプレイ®︎ メソッドの活用は、各々の本音、そしてありたい姿、やりたいことをあぶり出す

 

そして、21日間の行動計画を立てる際に、「絶対達成する技術」に従い、習慣化可能な行動に落とし込むのです

 

一例を紹介します

 

某所にて、若手スタッフ(8名)にLSP®︎を用いての価値観の共有、そして統合モデルをつくりチームのビジョンを描きました

 

その後、ビジョンを実現するために、自身が「誰に・どんな価値を」提供するかを考えて言語化

 

最後には、価値を提供するために、翌日から21日間続ける目標を設定しお互いに宣言していただいたわけです

 

結果...少人数で数値評価はできませんでしたが、マネージャー(施設長)から「明らかに個人の行動、そしてチーム間の連携、コミュニケーションのやりとりの質が良くなった」という喜びの報告を複数回、いただきましたよ

 

しかも、この施設では合計6回、LSPによる介入を希望されて実施し、リーダー層が全員、コミュニケーションの土壌づくりに「ゲラゲラ笑いながら」も真剣に向き合っていきました

 

結果、LSPによる介入無しでも、全員が前のめりで発言もし合える会議ができるようになっています(という学会発表もされました)

f:id:shyamamo:20171206220954p:image

素晴らしいことです

 

 

ということで、PDCFAに戻ると...

 

凄い、やっぱり凄いメソッド


その後、昨年「できたことノート」が発売されたことをキッカケに、著者参加のRead For Action読書会を実施

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

 

 

https://rfa20dekitakoto.peatix.com/view

 

大変有意義で楽しい会になり、永谷さんもノリノリ

 

ここからコラボが始まりました

(次回は、今後のコラボ展望ついてを書き連ねます)

 

 

さて...PDCFAメソッドがどうして上手くいくのか?

 

その秘密を、3つのポイントで述べていきましょう


1)目標の立て方自体を学ぶ
実は、日本人の我々、絶対に達成できない目標しか立てられません(笑

なぜならば、学校で絶対に達成できる目標の立て方」なんて、習いませんよね?汗

 

PDCFAメソッドは、誰でも達成できるような目標を立てることができるように、ルールがありコーチングする体系が整っています

 

例えば、次の目標のうち、達成できるのはどちらか?

 

A. 今月は新規で1,000万円売上げを達成する
B. 毎朝、PCを立ち上げたついでに既存顧客に紹介を依頼するメールを1件打つ

 

当然ですが、Aでは具体的な行動が思いつかず、なかなか動けないでしょう

 

Bの場合は、いつ・何を・どうするか明確であり「ついでに」行えるので、習慣化も難しくないのです

 

 

2)フィードバックの方法を知る
イデアソンやハッカソンで、相互にフィードバックをしようという時間があるでしょう


しかし、相手のアイデアをより良くしようとするならば、単なるベタ褒めや批判では、効果的ではありませんよね

 

どうすれば良いか?

 

先に「できたこと」に光を当て、皆が発見し合う

 

素晴らしいことは絶賛し、すかさず追加の一言を述べるのです


「それが本当に創りたかったものですか?」

 

これぞ、自分を省みるための「Critical Thinking(批判的思考)」

 

自らをさらに成長させるための切り札です

 

PDCFAメソッドでは、自身が立てた目標に対して、週次でチームメンバーからの「フィードバック」を交換し合います

 

そう、マネージャーだけが目標達成の度合いを評価するのではなく、達成に至るまでの過程をチームで共有しながら、お互いに認め合い、励まし合うのです

 

これを平素な言葉にして一般化したのが「できたことノート」です

 


3)仲間同士で行う
というわけで、目標達成までチームで相互に励まし合う

これがPDCFAメソッドなのです

 

開発者の永谷さんが、最近Facebookに書かれていた言葉が示唆深いものです

 

-------

目標管理制度から目標達成支援制度へ。社員がイキイキと成長し、ありたい姿を実現する相互支援型の企業文化をいかにつくるか。そのためにはどんなメソッド、仕組み、アプローチが必要か。これを考えて各部門を巻き込み実行するのが、これからの人事・人材育成担当者の姿ですね。そんなチャレンジを私は応援したいです。
---------


結論として、目標を達成することを支援し合うチームづくりこそ、空気づくりの1stステップということです

 

つまり、まずは達成できる目標の立て方を、学ばねばということですね

 

具体的な方法は、PDCFAコンサルタントであり、できたことノート公認コーチの山本伸にご用命を(笑

www.shinyamamoto.com
(お問い合わせフォームにコメントください)

----------

 

 

【入門講座をスタート!】
ご受講者各位から、素敵なご感想を多数いただいてます

イノベーションの型を学べたことで、道筋がみえました。後は、型の量稽古をします。
・本を読んだ限りでは実践は難しいかなと思っていたけれど、きょうの研修で自分でもやってみたいと感じました。数をこなしたい。
イノベーションを起こすには型がある。これを数多く実践すべし。
・事前の使命の大事さがわかりました。
・型によって確実に、前に進んでいける感覚が少し理解できたように思う。それぞれの要素【章】においての気づきも今の自分にとっても、とても意義のあるものであった。まずは自分ゴトに活かして、外へ広げて行きたい。
・自分はできる!あとは数をこなすだけ。
・ステップに沿ってやることでイノベーションを起こせるように思いました。
・まず、やってみる。イノベーションを起こしたいときに起こすためにも、まずはやってみる。

 

第3期入門講座は、年初の1/6(土)を予定しています


ゼロからイノベーションを計画的に遅延なく、後戻りもせずに実現するファシリテーターの基本的なマインドセットを、実践・ロールプレイ・相互フィードバックにより学び合いませんか?
(間も無く募集開始)

 

参考: 第2期の募集ページ
http://bmia-forth002.peatix.com/

 

 

----------
なぜ、本を読み合うだけでイノベーションが起こるのか?
無料の小冊子で、その全貌を公開中

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf2hzUPTb8EPaTtcYVJyfsTof-DE0j4iDIksgGWQ5Y_4XllNQ/viewform

 

 

頭で「分かった」というのは理解ではない...手で書いて実践しない限り新しい知恵は血肉になることは無い

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Sat., 18 Nov, 2017] 今日の1Shot

f:id:shyamamo:20171118214411j:image

 

先月、実践して感銘を受けた教材を早速活用してみました

 

----------

コンセプト創出

----------

沼津のF-met+さん主催の「バイオデザイン学習会」

 

第2回は、アイデアを生み出しコンセプトに収束させるステップにフォーカスしました

 

前半は当該箇所について、全員参加の組織学習メソッド

 

いつもの「Yeahhhhhhh!」でテンポ良くスタートです(笑

f:id:shyamamo:20171118214838j:image

 

目的を共有し、前回同様に「す・な・お」の言葉がけで、助け合い学習を促進します

f:id:shyamamo:20171118215905j:image

 

質問をつくり、全員で共有しながら、分類と探索する担当質問を、自分たちで決めていきます

f:id:shyamamo:20171118215040j:image

f:id:shyamamo:20171118215056j:image

 

皆さん、担当する質問の回答を真剣に探索

 

最終的には、全探索結果をおおよその書籍の順序どおりに並べて、一覧しながら、全員でプレゼンテーション

f:id:shyamamo:20171118220123j:image

 

本日も多くの学びを得ることができました

 

自身も、経験や知識を共有することでの気づきや再学習の機会がこうやって得られることが、ありがたい限りです

 

独りの読書では、決して得られない他者視点での知の共有が、相互に起こるのです

 

 

----------

デザイン思考の肝は"共感"

----------

さらに、今回の肝となる「共感と迅速プロトタイピング」を、スタンフォードd.school発の公開資料を用いて実践してみました

f:id:shyamamo:20171118220902j:image

f:id:shyamamo:20171118220914j:image

 

インタビューを2回、相手が何をしたかったのか、共感しつつ「問題定義文」をしたためていきます

f:id:shyamamo:20171118221052j:image

 

問題のリフレイミング・・・結果は・・・(泣)

 

今回は結果を求める訳ではありません

 

むしろ、手で書いて、考えて実践することが大切

 

普通は「そういうことだね」と頭の中で分かった気になって、ここまでやらない人が95%

 

だからこそ、メソッド通りに実践してみてわかることが、沢山あるわけですね

 

 

そして、5分間で5つのアイデア出し

 

文字ではなく、絵やラクガキで迅速にアイデアを描き、直後、相手に説明しフィードバックを得ます

 

それを元に、アイデアを3分でブラッシュアップ!

 

 

----------

手を動かしながら考える

----------

今度はアイデアを早速、「カタチ」にします

 

レゴ®︎ブロックや色画用紙や、フエルトや毛糸やストローなど、素材を自由に選びながら、10分間の試作ターイム!

f:id:shyamamo:20171118221354j:image

f:id:shyamamo:20171118221432j:image

f:id:shyamamo:20171118221410j:image

 

出来上がりのプロトタイプたち

f:id:shyamamo:20171118221515j:image

 

出来上がったプロトタイプを元に、相手にプレゼンして「良かった点」「改良点」「質問」「更なるアイデア」を受け取ります

 

 

満足やら反省やら、思うことはいろいろあったことでしょう

 

最後に、この1時間実践ワークショップは、あのIDEOも同じように実践しているのです、ということを共有しました

 

8分間のビデオを皆で視聴しながら、我々が体験した1時間が、IDEOの「5日間でショッピングカートをリデザインする」プロジェクトの場合に、どう実践されていたかを学び合いました


https://www.youtube.com/watch?v=M66ZU2PCIcM

 

 

最後に振り返り

 

学び、不足、そして明日から出来る一歩

f:id:shyamamo:20171118223522j:image

 

また来月、お会いしましょう!

f:id:shyamamo:20171118223539j:image

 

 

 

 

 

なぜ入社後50日で社内横断ワークショップが開催でき、ものの数分で皆が熱狂してしまうのか

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!
異業種共創型でヘルスケア分野に
オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Tue., 24 Oct, 2017] 今日の1Shot

f:id:shyamamo:20171028070701j:image

社内横断の非公認活動を開始!

 


----------
本当にゼロから組織でイノベーションを起こす
----------

これまでの失敗や学びを大企業で(再度)試し、イノベーションを起こす壮大な実験

 

[Start innovation] we just started to install the visual common languages for the shared learnings...


グループを一つにして価値を極大化する最初の小さな一歩を踏み出しました

 

世界標準の戦略ツールにより、ものの数分で志高き同士が自然と前のめりになって、対話し始めるのです

 

想定通りの展開

 

読み通りの盛り上がり

 

入社後50日にして、早速スタート!

なぜ早速、こんな展開が生み出せるのか?

 

熱い人財を2名確保する「トライアングルの法則

この小さなチームをぐぐっと熱くする「熱力学の法則

 

バッチリ実践!

 

結果は当然、なのです

だって、既に検証済みだから

(このブログの過去ログに完全公開してますよ)

 

 

そして、社内ネットワークを縦横無尽に走り巡る

 

狭い業界、知人友人のご縁はどこかしらにある

 

自身のやっていること、過去をガンガン開示する

 

BMIA、レゴ®︎シリアスプレイ®︎メソッド、組織学習

FORTHイノベーション・メソッド

デザイン思考でゼロから組織内で新事業を生み出す

 

当然、興味を持つ人は現れる

 

さらに、自腹で入手した情報も包み隠さずガンガン共有

 

数千円、数万円支払って参加したもののエッセンスを

惜しみなく公開する 

 

当然、感謝される

 

こういったチャンスを逃さない

 

あっという間に、3人が10人へ!

 

そして第1回、盛り上げ盛り上げ盛り上げる

 

面白さ、楽しさ、有用さに誰もが興奮する

 

美しいイノベーションの始まりに立ち会えて感謝!

 

 会の最後に、いただいた感想を供覧します

 


<学び、気づき>

f:id:shyamamo:20171028071234j:image

 

 

<もっと知りたい、建設的改善>

f:id:shyamamo:20171028071250j:image

 

はい、そうなのです


今回のコンテンツは、1日かかる内容をギュギュ〜っと90分間に凝縮したものでした


皆さん、実は相当ハイレベルな「共創」をしていたのです!

 

ということで、第2回を企画してしまいました


こちらも早速の「組織学習メソッド

 

「デジタルヘルス」最新ベストセラーを90分で読破する

 

 

ということで...イノベーション探索の旅が、始まりました

 

 

【第1回の実践、2回目以後の計画(案)】
第1回 世界標準の戦略ツールを体感する(ビジネスモデルキャンバス)
第2回 デジタルヘルスの最新書籍を90分で読破する・・・11月
第3回 顧客に「共感する」ためのインタビュースキル・・・12月
第4回 上司や周囲も「いいね」と言わざるを得ないヨーロッパ発の「イノベーション・メソッド」読破会・・・1月
第5回 2035年の保険医療からバックキャストするシナリオプラニング・・・2月

 

 

我がグループ内には、まだまだ隠れた才能が、多数眠っているはず

 

この小さな非公認活動で、熱き同志を集め強力なチームをつくること、これぞ組織でイノベーションを起こし始めるキモなのです

 

 

「従業員が大きな声で平気で経営陣の悪口を言っている会社」はイノベーションを起こせる?!

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Sat., 14 Oct, 2017] 今日の1Shot

f:id:shyamamo:20171014174655j:image

明日の会で、お土産交換会を実施するので、地元の逸品を購入!

 


----------
機械ではなかなかできないことをやる
----------
今回のテーマは「権限移譲」
感化されたのはこちらの記事!

 

AIやロボットにより、仕事が無くなると煽られている昨今ですが、本当にそうでしょうか?
生産性や働き方を変えねばという話が急増していますが、具体的にはどうすればよいのでしょう

 

今回の記事に、いくつかのヒントがあります

 

イタリアのアパレルメーカーを例に取ると、経理や事務処理などはコンピュータにやらせ、倉庫も自動倉庫を導入しています。そして、感性に関わるデザインや染色、縫製などは人間がやっています。製品の検査工程には体格の違う男女がいて、その人たちが服を着て着心地がよくシルエットがきれいなら合格、という検査をしています。これは機械ではなかなかできません。

 

人間がするからこそ、価値を付加できる
人間(の感性で)しかできないようなことに注力する
そういう時代になってしまったのです

 


----------
時間x人という工数管理の終焉
----------
働いた時間でではなく、成果で評価されるようになれば意識がガラッと変わるでしょう。空き時間を活用してさっさと仕事を終わらせ、遊ぶ時間を増やすように社会が変わっていくんじゃないでしょうか。イタリア人はまさにそうで、時間は短いですが非常に効率的に働きます

 

これからの働き方というのは、時間管理は完全に終焉を迎えます
時間をかける(減らす)ような単純作業は全て機械
人間は、考えて生み出すことだけするのです

 

10時間考えれば、100万円の製品プランが出来上がりますか?
50時間企画を練れば、1億円の投資にGoサインをもらえますか?

 

イデアが出る場所は、オフィスの自席?

 

そうです、9時〜17時という縛りには無理があるのです
仕事に繋がる飲み会だったり、読書だったり、朝シャワーなんですから(笑

 

 

----------
「これをやれ」などとは絶対言わない
----------
本当にうまくいっている会社では、経営者は従業員が働きやすい仕組みを作りますが、「これをやれ」などとは絶対言わない。偉大な経営者が引っ張る会社では、下は上ばかりを見るようになって次が育たず、時代の変化で経営者がつまずくと一気に崩れていってしまうんです。会社に行ったとき、従業員が大きな声で平気で経営陣の悪口を言っている会社なんかはけっこういいんですよ。社員全員が経営意識を持ち、現場ではそれぞれが責任を持って自由に仕事をするという形が、これからの働き方になっていくんじゃないでしょうか。
 

こんなイメージ???(苦笑)

f:id:shyamamo:20171014174739j:image


ビジョナリーカンパニーでも、権限移譲が非常に重要なポイントです
トップが我慢して、現場に任せて(勝手に)やらせるのです

 

但し、理念・ミッションに基づき自分たちでYes/Noを倫理的判断できるよう、環境や社風にしていくこと

 

これが経営層の役割ですよね

 


----------

結論として、モノを申したいならばAKY(敢えて空気読まない)で言ってしまう
その代わりに、小さくてもよいので成果を出し、味方をつけ、継続していくこと
これが肝要ですね


そうは言っても、・・・と動けずお悩みですか?
いい方法があります(笑)

 

例えば、書籍を皆で読み合い、学び合うことから、始めませんか?

 

100%全員が発言できる、参加できる会議や場づくりの「HOW?」をたった1日で、学び合い体験できますよ

 

組織内イノベーター・ファシリテーターになりたい

イノベーションを本気で起こしたいあなたのための

リーディングファシリテーター養成講座

http://bit.ly/2xU8Fw4

 

 

12月まで待てない!
今すぐ、何か手を打たないとヤバイ方は・・・

 

最悪の未来を可視化し、チームをつくり学び合いを最適化させる、組織(再)構築ファシリテーター山本伸にご用命を!

www.shinyamamoto.com
(お問い合わせフォームにコメントください)

 

 

顧客は常に価値の共創者であることを意識すれば、医療介護イノベーションを起こせる(書評)

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Tue., 10 Oct, 2017] 今日の1Shot

f:id:shyamamo:20171010235929j:image

看護も医療も、ケアもイノベーションが起こる、起こさねばならない

 

 

----------

保健医療福祉サービスをいかにデザインするか

----------

今回のテーマは「ヘルスケアを共創する」

感化されたのはこちらの書籍!

医療看護イノベーション: 組織に変化を起こす 2035年生き残り戦略の教科書

医療看護イノベーション: 組織に変化を起こす 2035年生き残り戦略の教科書

 

 

 

偉大な師でありマルチキャリアの大先輩である、松下先生の新作

 

イノベーションを唄う本書を、読まないわけにはいきませぬ

 

ということで、早速入手して拝読

 

まず共鳴したポイントは「サービス・ドミナント・ロジック

 

言葉は何度もお伺いしていたのですが、その公理を紐解いてみると、非常に奥深いものでした

 

「顧客は常に価値の共創者」

「価値は「提案」しているに過ぎず、相手がその価値を主観的に決める」

「サービスが交換の基本的基盤である」

 

つまり、薬も医療機器も、サービスを伝達する手段に過ぎないのだと・・・

嗚呼、示唆深いですね

 

そして、本書がとっつきやすくなっているのは

「まず個人」という構成

 

自分イノベーション、を考えてみようという内容が、有意義なのです

 

イノベーション、と聞くとなんだか大袈裟で、自分にはとても受け止められないという介護・医療従事者のあなたに、特にオススメできます

 

 

----------

イノベーションにつなげる共創

----------

キーワードは「階層性と相互連関

つまり、個人の命、というミクロから、社会や環境、生態系、といったマクロまでの階層(レイヤー)をシステム思考で考えるということ

 

そこで、当方らがいつも提唱・啓蒙している「組織でゼロからイノベーションを起こし始める」方法に、本書のエッセンスから応用できるポイントを列挙してみます

 

・サービス・ドミナント・ロジックを、イノベーションの方針決定・使命の策定に組み込む

・ヘルスケア・システムの階層構造を「観察と学び」の期間に実施する

・具体的に、以下のキーワードについて探索し、その結果をチームで共有する

~ケアシフト、バーチャルナース、人工知能の歴史、プレシジョン医療、光免疫療法、スピリチャル哲学、情報の見える化、遠隔看護、エコシステム、リーンカーネーション

 

気になるキーワード、満載ですよね!

 

 

----------

ツールをいかに使いこなすか?

----------

さて、本書の終章には、場づくりや学びを深めるための理論・手法が次々と紹介されています

 

システミック・デザイン思考と経験学習を推し進めていくための具体的なステップも書かれています

 

1)リラックスして、理想を可視化

2)夢、理想を語り合う

3)共感する

4)解決すべきIssuesを明確にする

5)異界越境で多様なアイデアをたくさん出す

6)問題解決を凝縮したプロトタイプづくり

7)ひたすら繰り返す

 

ゼロから組織でイノベーションを起こすガイドのプロとしては、これらに「時間軸」が加われば、完璧であると言えましょう

 

我々のFORTHイノベーション・メソッドにおいては、第一ステップの開始前に「リラックス」や「理想を語り合う」時間を確保することが、非常に有用であろうと容易に想像できます

 

早速、どこかでトライしてみます

 

ちなみに、具体的にすぐに使えるものは・・・

 

・プロジェクト・デザインのポイント (p.210)

・サービス・エコシステム・マッピング (p.242)

・Patient`s Journey (p.249)

 

これらが、即効性高そうなので、検討します

 

Patient`s Journeyについては、既にLSPとの融合でトライアル完了しているのです・・・ふふふ

 

----------

結論として、医療介護分野の業界内にいらっしゃる方は、まず本書で「自分イノンベーション」を考え始めることをオススメします

 

そして、周囲を巻き込みながら、施設・組織でのイノベーションを起こしていけると思いますよ

 

 

 

そうは言っても、・・・と動けずお悩みですか?

いい方法があります(笑)

 

例えば本書を皆で読み合うことから、始めませんか?

 

100%全員が発言できる、参加できる会議や場づくりの「HOW?」をたった1日で、学び合い体験できますよ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://bit.ly/2xU8Fw4

 

 

 

12月まで待てない!

今すぐ、何か手を打たないとヤバイ方は・・・

 

最悪の未来を可視化し、チームをつくり学び合いを最適化させる、組織(再)構築ファシリテーター山本伸にご用命を!

(お問い合わせフォームにコメントください)