20週間でイノベーションが起こせる組織開発メソッド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

人工知能時代を渡り歩くために小4男子は何を学び習い知性を育むべきか

いわゆる戦略コンサルタントは、時代遅れも甚だしい

高額なFeeの割に上から目線の提案のみで、社内は何も変わらない

 

ただ、優れた魚の目による分析や時代の流れを示唆する調査結果は、これから我々が何を拠り所にするか、どうビジネスをドライブするかを判断評価する格好の材料だ

 

A.I.やIoTなど機械化・ネットワーク化の進化は著しく、人間が行ってきた仕事のうちの幾つかは間違いなく絶滅していく

 

そんな時代に、マシンやAIといかに協働し、価値を生み出していくか?

 

そんなことを深く対話できたのが「HUMAN + MACHINE〜AI時代の8つの融合スキル」であり、「絶滅危惧職種図鑑〜君たちはどう働くのか?」であった

f:id:shyamamo:20181216231557j:image

 

全てをAIに置き換えられることは、決して起こらない

 

むしろ「ミッシングリンク」と言われる“人間+機械“の協働こそが、今、企業や教育現場で注目すべきポイントであり投資対象である

 

特に、大量生産・消費時代の”金太郎飴“人材の生産式教育は、既に終焉を迎えるべきものである

にも関わらず、公立・私立の学校(学力)格差が環境格差、能力開発格差等を助長し、収入格差や地域格差による不公平は無視できない

 

何よりも、金太郎飴生産時代の成績評価や入学選抜方式こそ、今すぐ破壊されるべきものだ

(計算・処理速度や記憶量の測定評価なんぞに、何の意味があろうか)

 

GoogleやAlexaが全ての知識と圧倒的速度による情報処理・計算能力を兼ね備えている時代に、都道府県庁所在地の暗記、加減乗除の単純計算、常用漢字の単純な繰り返し書き取り、等々・・・

 

小学生の柔軟で吸収力旺盛な「脳」を、こんな事に使わせてはならない

 

転じて企業側も、現代の最重要方針は「ダイバーシティ&インクルーシブ」な組織開発である

 

若手も年長者も、経験者も初心者も、健康な人も社会的弱者も、ジェンダーや国籍の違いも、全部「ごちゃ混ぜ」の環境が当たり前であり、個々人の価値観や働き方の多様性を認め合う時代

 

そういうカオスな状況においても、組織の方向性を一致させ、誰にどのような価値を提供すべきか、し続けれられるための組織体制・運営プロセスは、といった経営戦略を明快に示さねば、社員も周囲も誰もついていかないし、新たな優秀な人財も得られない

 

今こそ、受験塾から一旦離れて思考をリセットしよう

 

毎回のテスト点数の上下や、出来ないことばかりに注目し「何で前と同じことを、また間違えるの(怒)」とガミガミし、イライラし、疲れるのは、もうやめよう

 

個々人の「知性」と好奇心を高め広げるような教育に切り替えよう

 

機械をどう活かすか、どのように協働するか、自ら考え試し、諦めずやり抜くチカラを付けさせる・・・そんな方法を、家庭でも学校でも重視し尊重しよう

 

(って、家では言えないし、聞いてもらえないんだよなぁ......涙)

 

 

自分の強みを見つけよう~「8つの知能」で未来を切り開く~

自分の強みを見つけよう~「8つの知能」で未来を切り開く~

 
HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキル

HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキル

 
絶滅危惧職種図鑑

絶滅危惧職種図鑑

 

 

 

 

 

 

 

異業種共創ヘルスケアデザイン全5回Pilot版を完遂して分かった“オープンイノベーションの本質的な価値”

10月から隔週で全5回

9社12名が集って活動してきた「異業種共創ヘルスケアデザイン」パイロット版

f:id:shyamamo:20181216001438j:image

(全工程完遂しての“学び”と“自身のルーティンへの活用宣言”)

 

Full Steam Ahead...全員参加で方向性とチームのコア・バリューを定め...

f:id:shyamamo:20181215235308j:image

 

Observe & Learn...個々人がActive Agingに関する広範囲な探索調査の結果を共有し...

f:id:shyamamo:20181215235326j:image

 

Raise Ideas...多様性なメンバーによるブレインストーミングで525個を創出し...

f:id:shyamamo:20181215235408j:image

 

Test Ideas...12個に収束した全員のアイデアを新コンセプトに文章化、即顧客テスト

f:id:shyamamo:20181215235434j:image

 

Homecoming...顧客検証により、自分たちの思い込みを知り、適切な選抜からのビジネスモデル・デザイン

f:id:shyamamo:20181215235455j:image

 

最初に方向性を一致させたとおり、コアバリューを体現する最幸のチームが出来上がりました

f:id:shyamamo:20181215235611j:image

 

 

通常は、事前のマネジメントメンバーによる方針決定ワークショップやメンバー選定等で1〜3ヶ月の準備がありの、全15週間(1-1.5 days/week)のプロセスが、顧客検証済みビジネスモデル付きのミニ事業企画案を3〜5個、創出するのですが

 

今回は、限られた期間(全5回、25時間程度)でも525個のアイデア、12個の新コンセプト及び顧客テスト(合計225件回収)、そして4つの新ミニビジネスモデルまでデザイン

 

第1回でラフスケッチした2つのビジネスモデルとは、想像もつかない程の高解像度を持ったビジネスモデル・デザインに成功したわけです

 

何よりも、コラボレーションの威力、助け合うチーム、そして不要で長時間の“議論”ではなく、適切な対話と成果物にコミットした共創活動全てが、この回のアウトカム

 

最初から、やれ知財だ権利だ利益分配だ、とやっていると、何も生まれず進まない

 

ゼロからの共創は、お互いがフラットかつ本当に一つの方向性に向かえるかが鍵

 

パイロット版=短縮版であっても、見事に機能することが確認できました(かつ、1つは我々自身が某所への提案に活用決定、そして他の幾つかも今後のコラボレーション相手に提案可能な“質”を担保していることが認識されています)

 

まさに、計画的かつ後戻りない「オープン・イノベーション」のゼロイチです

 

というわけで、。。。

 

今回のパイロットは終了し、新たなパイロット(全6回)が既に走り始めています

 

異業種複数での組織開発、ゼロから全員を巻き込む手法、個々人の想いを全員で共有し方向性を一致させる方法、顧客や相互の不満・壁を即座に発見する手法、構造的なブレインストーミングによるアイデアの大量創出法、グループ化やKJ法ではない迅速収束法、文章のまま顧客テストし、時間も余計なコストもかけずに検証する方法、確度と解像度が高いビジネスモデルをデザインするツールと手法、・・・

 

全てを計画的かつ遅延なく、高品質を維持しながら生み出すプロセスとガイド手法

 

ご興味あれば、お気軽に問い合わせてください

 

取り組みにご興味あれば、お気軽にお声がけください

 

 

 

薬を売らない製薬企業の存在意義...なぜ薬が必要なのか?

異業種共創ヘルスケア・デザインで“We”nnovation を起こしてみているファシリテーター山本伸です

 

 

ヘルスケアや医療介護分野では、2025/2035を意識して動かねばならない宿命があります

 


2025年、地域包括ケアシステムの制定

2035年健康医療ニッポンを世界に認知させる

 


いずれも当局と有識者が、知恵を絞り創出したビジョンであり戦略です

 


また、製薬企業には「数で稼ぐのはもうやめなさい」というビジネスモデルの否定が、国からはっきりと突きつけられました(2018年3月)

 


もう、待った無し

 


2035年のビジョンを意識して、今まで通りのやり方を変えて行かねばならない、が、しかし...そう簡単には、マインドセットも行動も変わりません

 


だからこそ、今までとは全く異なる思考法やメソッドが必要なのです

 


その一つが「シナリオプラニング」

 


常套手段は「不確実性が大きい2つのドライビングフォース」を組み合わせて4つのシナリオを描くのですが、...

 


今まで金融同様かそれ以上に護送船団方式で守られてきてしまった製薬、医療業界にとって、ありえないこと=馬鹿げてて考える意味が無いと、無視されてしまいがち

 


故に、最初は“想像し易いが、意思決定を迫られている”因子を軸に、想定外があり得る=不確実性が大きな因子を掛け合わせると、自然な形で問題提起させることができますね

 


例えば...

f:id:shyamamo:20181210012015j:image


国民皆保険は、間違いなく何かを変えなければ破綻します

 

何かを変えざるを得ない、2020前後には動き始めるはず、ただしどちらが示されるかによって、全く異なる戦略が求められます

 


一方、石油の埋蔵量は、まだまだ未知の領域であり、かつ原子力の進退や自然エネルギーの開発状況が、価格にどう影響するか、どちらに転ぶかは不確実性が小さくは無い

 


ということで、この2つが絡む4つのシナリオを描く、さらに対象者に何を提供できるかを思案することで、自社はどう行った手を打つために、方向性を定めなければならない訳です

 


この一連の調査、対話そして意思決定こそ経営であり、持続する未来の創り方であるべきでしょう

 


とはいえ、自社だけではなかなか相手にされない、取り上げてもらえない、または既定路線のシナリオしか出てこないのが現実(泣)と容易に想像できます

 


我々が、業界内外を結んで異業種共創で“未来シナリオ”を描くお手伝いをすれば、そこに集う方は、何をすべきか、どういう手を打つべきかを所属先に持ち帰っていただけますね

 


やりましょう

 


2019年1月に体験会やって、2月から本格稼働しますよ~

スピードと丁寧さを両立させる手法なんぞ存在するのか?

デザイン思考やイノベーションがバスワードになって久しい

 

これらテーマが“研修メニュー”になっているが、ちゃんちゃら可笑しい

 

お勉強でデザイン思考やイノベーション

笑っちゃうね、何がしたいのか?

 

そんな悠長なことをするような人、組織にイノベーションが必要なわけがない

 

緊急度、真剣さこそ新発想やアイデアの源泉

 

以下、こちらの記事から引用しつつ・・・

https://newswitch.jp/p/15392

---

 

新しいアイデアは、異なるコンテクスト(文脈や背景)を持つ人と会うことで生まれる。いつもと違う人に会い、外部の人と働くことも重要だ。しかし、だからといって「アイデアを大事にしすぎてもいけない」。アイデアを多く探索し、早く試すことが必要だと説く。

 

そう、思いついたら即、試す

 

デザイン思考をやりたい人には、何より「好奇心を持ち、実行することが重要だ」と断言する。「私たちは次の会議や家庭のことを考え、いつも半分目を閉じて仕事をしているようなもの」と指摘。目を完全に開き、なぜこのようなことが起き、なぜ世界は機能しているのかなどを考える。こうして視界を広げてを考え始めると、「違うアイデアが浮かび、違う世界が見える」という。

 

これが最も重要だ、いわゆる「好奇心」がどれほどか?問題

 

 

一方、同社はシリコンバレーとともに発展してきた企業だが、「シリコンバレーはスピード重視だが、それは良くない。将来を考えると、『早く丁寧に』が重要」と語る。今後、世界の目指す方向とされる循環型経済を達成するには、いろいろな事が関わるため、日本の得意な“工夫”が求められる。

 

スピードと丁寧さ

つまりステップを素早く進みつつ確かな成果物(Outcomes)を残すことが大切

 

適切な成果物=エビデンスが残せる、それが組織でデザイン思考を(ミニ)ビジネス企画に落とし込み、本格投資か否かを判断できるための必要十分条件

 

そんな方法があるのか?

Yes, indeed...

FORTHイノベーション・メソッド!

f:id:shyamamo:20181203103433j:image

 

対立している目的を調和させ、大目的を共有する状態でStart Innovation!

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている


[Tue., 20 Nov, 2018]FCAJさんの3周年記念シンポジウムに参加し、刷りたてホヤホヤの新刊を拝受、早速読んでみました

f:id:shyamamo:20181120234645p:image

 


これは、実践に基づく理論書でありまえがきにある通り「使い倒す」ためのワークブックです


我々が実践し続けているFORTHイノベーション・メソッドにおいて、どのように融合・コラボできるかを思案しながら本書を探索したところ、・・・

 

目的工学プログラムのステップ(p.86図4.5)が、FORTHの5ステップの前後・間にしっかりとハマることが分かりました


すなわち・・・


「F」ull Steam Ahead...Kick Offワークショップの前に

・ステップ1:センスメイキング~6つのWで対話、STEEP(外部環境分析)、イノベーション読書会、ビジネスモデル・デザイン体験会等を実施

・ステップ2:チームメイキング

 


「Observe & Learn, Raise Ideas, and Test Ideas」

・ステップ3:プロジェクトメイキング~トレンド探索、ターゲット顧客インタビュー、成功事例共有からのブレインストーミング>新コンセプトへ昇華し、顧客検証

 


「Homecoming」

・ステップ4:リソースメイキング~検証済み新コンセプトをビジネスモデル・デザイン&実現性考察と追加調査>ミニビジネス企画案の創出

 


ということで、今度、FCAJさんとBMIAでコラボ共創企画を行いたいと思案していたのですが、FORTHと目的工学を融合させて、最強最幸のプログラムで、運用できそうです


既に、異業種共創の事例は複数持っており(かつ運用中&来週から新プログラム開始!)、これらからFORTHのFeasibilityは説得材料に十分!


大目的=10年後の健康日本が世界の健康・貧困を救う、に向かいます

 

---------


今、大企業は部門間連携、組織(再)構築ファシリテーターを求めています


但し、変革のど真ん中に入り込むのは、社外の第三者には務まりません


組織の中にいるからこそ、本気を直接見せられるからこそ


ファシリテーターとしての信頼は揺るぎないものになり


一歩踏み出せますし、周囲に来た熱き鷹も羽ばたき始めるのです


また、オイオイ語っていきます


部門間連携、組織(再)構築ファシリテーターは、社外の第三者には務まらないのです

手で創るから浮かぶキャッチコピー

脳内で妄想しているよりも

 

手を使って、さっとカタチにして

 

意味を後から付けていくと

 

納得できるアイデアが、浮かんでしまう

 

急がば回れのコピーライティング・メソッド

 

これがLSP®︎の秘密なのだ、ふふふ...

f:id:shyamamo:20181113163245j:image

「もし~だったら」+「なぜダメなのか」を操るブランド・アンバサダーになろう(書評)

【デジタル化とGAFAの時代】

我々はじっくり検討するのに我慢できず、即決即買の消費者となった。20年前は、小売店で75台のテレビが並んでいるのに驚いていたが、現在Amazonで検索すれば50万件がリストアップされる。認知の機能不全である。


テレビを見る人口は減らないが、CMになるとスマホやPC画面に目を移し、誰もCMを見ていない。つまり広告が効かない時代、「関心」こそが希少価値となり購買につながっていく。今やメディアは「店舗」となったのだ。

 

【ストアは“ストーリー”化していく】
とはいえ、実店舗が不要になることはない。発見、ふれあい、現実逃避を求めるのが人間の本性である。店舗とは、「ドーパミン」が大量放出されるような「触れる」「試す」「感じる」「体験する」ことが実現できるショールームであり、ミニ流通ハブであり、ブランド認知の場になっていく。ストアは「ストーリー」化していく。


さらにポスト・デジタル社会に向けて、店舗をメディア化していくことで顧客を熱狂させ自社の信者にしていくことがこれからの小売の生き方。没入型空間をデザインし、瞬間を重視し、体験を収益化していく。そして、空間はマーケティングや広告のツールでもあり、楽しさや遊びの場であり、ブランドをインタラクティブに語るメディアである。収益化できる体験を生み出している状態は、テクノロジーによって測定可能であり、これも収益化できるのだ。

 

【極上のフィジタル体験を提供せよ】
未来の購買体験は、フィジカルな場とデジタルが融合し、顧客が購入に至るプロセスに完璧に沿うように両者を的確に融合する。販売チャネル各々の独自性を踏まえて、押し付けがましくなく、目立ちすぎることもなく、付加価値をつけ不便を解消するために、デジタルを自然に融合させる。つまり、極上の“フィジタル”(フィジカル+デジタル)体験を生み出せる小売業者こそが、最も優れた存在になれる。


「もし~だったら」、そして「なぜダメなのか」を問いかけ続ける反乱軍らしい発想で、現場空間こそ最重要意思決定の場としよう。顧客に素晴らしい体験を提供することに、一途に取り組む企業文化をつくろう。販売員が店舗空間で過ごすひとときを、徹底的に心地良く印象深いものにする「ブランド・アンバサダー」になろう

 

f:id:shyamamo:20180930122059j:image

小売再生 ―リアル店舗はメディアになる

小売再生 ―リアル店舗はメディアになる

 

 

15分間死亡前死因分析「とんでもない失敗に終わるとしたら?」

同じ情報を受け取った九人が全く同じ結論に至ったとしたら、10番目の者は必ずそれに反論しなくてはいけない。どれほど荒唐無稽な意見になるとしても、10番目の者は、他の9人が間違っているという前提で考えなくてはいけないのです

(映画「ワールド・ウォーZ」より)

 


いまや誰もが第二のウーバーに警戒し、破壊者が出てくることを心配している。だが、ただ闇雲に心配するのではなく、それを仕事の一部に組み込み、会社の業務運営の中に採り入れてしまえばいいんだ

(アラン・ムラーリー;元フォードCEO)

 


本書はアメリカ陸軍発のプログラム「レッドチーム大学」を元にした思考法を解説している

 


現実的で有意義な会話こそが、新たな脅威や機会を探索し、環境の激変について別の見方から評価する「拡散的&収束的」思考、または「反対思考」の有用性を、幾つもの事例・実績で提示している

 


特に有用で、即取り入れるべき「自社と将来への計画を再評価する」レッドチーミング法を、自身の備忘録として供覧したい

 


1)レッドチームを立ち上げる(p.156レッドチームを作る)

>メンバーが持つ性格は9つに分類される

 


2)「4つの見方」分析で、顧客が自社をどう見ているか、競合他社をどう考えると予想されるかを徹底的に掘り下げる(p.247: 4つの見方)

>サービス向上に直結する何らかのアイデアが明らかになれば、メモしておく

 


3)「死亡前死因分析」で、他社の登場によって自社が廃業に追いやられるというシナリオを考える

>自分たちでその流れを変えられそうな要素が隠れているか考える

 

時間が無い中で、最善を尽くしたいならば・・・開始前に15分間だけ対話しよう

「とんでもない失敗に終わるとしたら、どういう風に失敗すると思う?」

 


4)公表情報等で、新たな脅威に立ち向かう計画を立案

>業界リーダー、KOLや顧客インタビューで一次情報を収集し吟味する

 


5)立案された計画を「主要前提チェック」(p.213)

>確率分析(p.218)や、時間がかけられるならば真珠の首飾り分析(p.221)まで行い計画の成否に大きな影響を及ぼす事象、それによって生じるカスケード効果、そして意図しない結果を突き止める

 


6)最終的な計画案、及び具体的な第一歩の候補リストを提示

—-

 


レッドチーミングが有用なのは、計画実行「前」である

 


ゆえに、動き始めてしまう前に「意思決定」をより適切に、失敗確率を減少させる材料や行動案を提示しなければならない

 


そう、レッドチームは確実に「成果」を出さなければならないのだ

 


だから「すべてを疑問視」する反証的テクニックを駆使し、異なる視点から物事を眺め、対立する意見を述べることが重要であり、批判に対して図太く振る舞うことが肝要なのだ

 

f:id:shyamamo:20180930173834j:image

 

レッドチーム・イノベーション――戦略的異論で競争に勝つ

レッドチーム・イノベーション――戦略的異論で競争に勝つ

 

 

 

そう言えば・・・レッドチーム思考って、以前もありましたね

レッドチーム思考 組織の中に「最後の反対者」を飼う

レッドチーム思考 組織の中に「最後の反対者」を飼う

 

 

サービス・イノベーションの最先端はドバイにあり~FORTHイノベーション・メソッド公認マスタークラス参加録

自身、アジア初の公認マスターファシリテーターであるFORTHイノベーションメソッドの資格更新トレーニングを兼ねた、マスタークラスが2018年8月27-29日の3日間、ドバイで開催されました

f:id:shyamamo:20180910075030j:image


第2回の今年は13ヶ国か20名が参加

 


欧州、グローバル企業、アジアのイノベーション事例が14個も共有され非常に有用でした

 


なぜならば、イノベーション=新事業や新製品を生み出すという主目的でありますが、実は人財・チーム・組織の変容が間違いなく起こっていることが明確に示されていたからです

 


自身も何度も体感していたものの、多数のグローバルでの実例を目の当たりにして、確信しました

 


自身6,000名27社グループのあちらこちらで、変容を起こし始めていますが、当然のことです

 


FORTHの旅は、人と組織の成長と変容の旅路であるのです

 

Day1

f:id:shyamamo:20180910075351j:image
f:id:shyamamo:20180910075311j:image
f:id:shyamamo:20180910075308j:image

f:id:shyamamo:20180910075126j:image

 

 

Day2

f:id:shyamamo:20180910075244j:image
f:id:shyamamo:20180910075250j:image

UAE国営企業で、FORTHイノベーションメソッドを導入した組織の変容ぶりを視察させていただきました。凄い!

 

 

 

Day3

f:id:shyamamo:20180910075441j:image
f:id:shyamamo:20180910075445j:image
f:id:shyamamo:20180910075448j:image

f:id:shyamamo:20180910075459j:image

 

そして第3回は2年後の2020年!

 

オリンピックやパラリンピックで興奮冷めない日本の「京都」で開催されます!!

 

 

 

紙の書籍や媒体の良さは未だ廃れない、寧ろ価値が高まる

大企業内でゼロから新事業や新しい取り組みを起こしてみている、起こしたい人を集め繋げている山本伸です

 


手法として、100%全員が参加し発言できる「空気づくり」を何よりも先に行いインストールしています

 


特に手軽なのが、書籍を用いた共創ワークショップ

 


書籍を自腹で買ってきてもらうことで、モチベーションの「リトマス試験紙」として機能するので、時間外残業代無に加えて「熱い能ある鷹」だけを選抜できています

 


さて、この書籍を用いたワークショップを行なう際、できるだけ「紙」の書籍を推奨しています

 


Kindle版でもオペレーション上は全く問題ないのではありますが・・・

 


こういう理由があると、今後はハッキリ明示できるのでありがたいものです

www.chichi.co.jp

 


この週末に、届いていた2つの“紙”媒体に目を通しました

f:id:shyamamo:20180813000435j:image

 


DHBRは、グローバルな視点で「ビジネスモデル」や「組織開発」のヒント、トレンドを一気に仕入れています

 

 

自身の仮説を支持してくれるような理論であったり、実践の裏付けであったり、大企業内でトライしたい新規仮説であったり、アウトプット=行動のための、インプットが目的

 


NewsPicks(購読しようか、絶賛迷って早3ヶ月...爆)からは、初の“紙”媒体である「HOPE」が届きました

www.uzabase.com


グラフィックや体裁にこだわりを感じさせる、新聞のような媒体

 


これがOnlineメディアの購読にどう導線を築くかが、イマイチ見えませんが、手に取ってみせることには、上の記事にあるよう、脳科学的な効果もあるでしょう

 


マーケティング手法として、実験的な試みには好感が持てますね

 


BMIA(ビジネスモデルイノベーション協会)でも、“紙”媒体は重要視しており、毎期Quarterly Reportを発行しています

(最新号↓無料ですよ!)

最新クオータリーレポートの無料ダウンロード<PDFに直リンク>

www.dropbox.com

 

 

紙を配布出来ること、意味があると信じて毎号、記事を書き編集に手間暇をかけて発行しています

 


これがストックされていくことにも、大きな意味があるからです