20週間でイノベーションが起こせる組織開発メソッド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

進路に立ちはだかる15の障害を乗り越え、イノベーションの迷路を攻略する4つの起点とは?

大企業内で「イノベーションだ!」と叫んでも、チーン・・・(汗)

中途入社したばかりで、役職なし予算なし、権限なし、コネなし、実力も認められていない・・・

 

それでも3年で、100社・組織超から延べ2,000名超が参加(NPS=8.6/10)経験ありの、シミックグループ社内外・異業種共創インフォーマルネットワークを構築し、2019年に創業奨励賞を獲得。

 

そこから派生したグループ横断バーチャル組織を統括しつつ、新しいことに取り組む「やり方」を他社とのオープン・イノベーションに適用。

わずか数ヶ月で2つの「新」サービス開始のプレスリリース発信まで導き、また、このやり方で顧客の新事業創出支援を有料で受注。

現時点で、手がけたプロジェクトは成功確率100%(絶対に失敗しない立ち上げ方、巻き込み方を実践中)。

 

組織内においては、デジタル化旗振り役候補となる人財を、こちらからお願いすることは一切なく自然と発掘。

学びたい、成長したいという志高きダイナモを次々と巻き込みながら、DX推進エバンジェリストとして啓蒙。

 

なぜ、金・コネ・権限が皆無であったのに、次々と組織再構築とオープン・イノベーションを実現できるのか?

それは・・・世界標準の「型」を素直にパクって真似しているだけだから。

 

え、どういうこと?

 

子どもの日の晩に、赤裸々に語っちゃいます。

子ども心に戻ったつもりで、好きなお酒と共に、耳だけお貸しくださいね。

www.joinclubhouse.com

 

f:id:shyamamo:20210504230550j:image

 

4/29(祝)下記↓サミットに登壇、その時のお話をベースに進めます。

 

Doctor Marketing & Innovation Summit 2021

「Doctor Marketing & Innovation Summit 2021」への登壇のお知らせ | シミックグループ

 

 

学びたい、成長したい、創造したいアラサー、アラフォー(女子)に「絶対失敗しない」武器とお作法を伝授(平社員の星を目指す)

10年後まで輝き続けるために、あなたは「学びたい、成長したい、創造したい」ですか?

7,000名25社グループで、ゼロから18ヶ月で社内外100社・組織から延べ800名(NPS 8.6)が参画した異業種共創ネットワーク(2019年弊社創業“奨励“賞獲得)設立からの、グループ横断バーチャル組織が公認され共同代表を務めるワタクシ、49歳となりました。

表題のような大企業内イノベーター(候補)のために、世界標準のツールとメソドロジー、及び経験と(悪)知恵を惜しみなく共有いたします。

 

何ができるようになるのか?

・集めなくても、志高き能ある(Butサイロに潜む)鷹が自然と集まります。

・世界標準のツールで、既存事業の分析から次世代へのSHIFTを起こせます。

・世界標準のメソドロジーで、新規事業を10週間100%オンラインで創出できます。

・エンゲージメント高い若者が次々と、活躍の場を自身で生み出し躍動します。

・DXエバンジェリスト人財候補が、次々と手を挙げ行動を起こします。

・新しいことをしたい、新しいやり方を試したい熱量が高い人同士で繋がります。

・異業種多分野から「組んでください」「創ってください」とお願いされます。

 

そのために必要なものとは?これだけでOK

・読まずにOKの書籍

・時間外でも残業代無でも学びたいという意欲

・理解ある役員層、最低2名

はい、予算不要、権限も能力も一切不要ですよ。

 

さぁ、今すぐお声をかけてください。

行動する者だけが得られる果実、お見せしますよ。

f:id:shyamamo:20210418233941j:image

 

自身が権限を持たなくても、

予算がなくても、

能力が高くなくても、

 

平社員でも起こせる“We”nnovation!

 

無理なく自分らしく生き切るためには、どのような時間配分がベストなのか?

Wellbeingと言えば?

---

人間らしく生きること

自分らしく生きている

ハッピーライフ

身体的にも精神的にも健康であり、よく生きる事

自分が生きたいと望むように生きること

虹色

自分にとって快適に過ごしていくこと

自ら行動する

幸せに生きる

よりよい未来を続けていくこと

笑顔を絶やさない

楽しみを見つけていくこと

幸せになるために行うこと

レインボーカラーのイメージ

華やかな

---

上記は、4月1日入社の新人さんたちが回答してくれた。

f:id:shyamamo:20210404001805j:image

 

もちろん、個々人によって解釈は異なるし、違っていい。

つまり価値観が違うことを受け止め、自分らしさに気づくこと。

 

だから、自分らしく無理なく働く、生きるために「時間」を意識せよ。

どのように時間を分配し、浪費せず投資するか?


そんなイントロダクションが、我が社の1ヶ月間に及ぶ新人研修モジュールの冒頭枠に抜擢された。

勿論、昨年実験的に実施したら大好評だったので、今回の投入は当然の成り行きである。

 

裏目的は、これから行われる(一方通行の)インプット研修に対する強烈なアンチテーゼ。

GAPを存分に際立たせ、理想を見失わせないことで「新しい」ことをしたい、「新しい」取り組みに参画したいという意思を埋没させず表出できるフレッシュマンを発掘することである。

 

我々の想定以上に、組織というものを知らない先入観なきフレッシュマンたちは、人生の本質をスポンジの如く吸収していることが確認できた。

これ以上にないエビデンスを構築できた。


3週間後に、再会してどのような声を聴けるか、楽しみだ(笑)。

 

ご褒美に、GODIVAデニーズがコラボのパフェ!

f:id:shyamamo:20210404001854j:image

 

毎日たった3行の日記を書いて幸福度を高め、最高の人生をつくる方法(書評)

幸せは「脳内物質」で決まる!

SNSの専門家、数10万部の大ベストセラー「インプット・アウトプット大全」著者の精神科医、樺沢紫苑さんの新作。

3月16日、出版ほやほや、テーマは「幸福」。

 

早速、我々も取り上げることにしました。

f:id:shyamamo:20210319070317j:image

 

樺沢さんは精神科医として、ロジックとエビデンスに基づいた書籍を多数出版されています。

過去には「SNSの活用法」「脳内物質で仕事を効率化」「親子関係」「学び方、記憶」「アウトプットとインプット」等々、全てが科学的根拠に基づく実践知であり、エビデンスありきのハウツーゆえ、納得して安心して実践できるのです。

今回は「幸せな人生のつくり方」を指南してくださっています。

かつ、書くだけで幸福度が上がる3つの3行日記「ポジティブ日記・感謝日記・新設日記」を数十名の方と実践した記録と、具体的な活用方法まで掲載されており、ここだけでも、今日からすぐに取り入れるべきでしょう。

だって、毎日たった3行、書くだけで幸福になれるんですからね。

 

3/16ランチタイムWebinarにて、3行日記を書いて1週間で幸福度を高める方法を、共有します。 

精神科医が見つけた 3つの幸福

精神科医が見つけた 3つの幸福

 

 

 樺沢さんは、過去にも脳内物質をテーマに書籍を書かれています。

理系のワタクシは、樺沢派なのでこれらも読了しています。 

 

脳内物質仕事術

脳内物質仕事術

 

 

何より「ど根性」で頑張るのは、馬鹿馬鹿しいので・・・エビデンスに基づいて楽に速く仕事を進めることって、本当に重要ですよね。

自身、別に楽に仕事をして速く終えて、あとはダラダラしたいというわけではなく・・・

仕事が速く終わることで、次から次へとやりたい仕事が浮かんでくるので、それらをガンガンとこなしたい、そのためのスピードや効率を追い求め続けています。

だからこそ、身体に無理なく、脳にも負担ないことをしたい。

樺沢さんの書籍には、たくさんの学びと具体的な方法が詰まっているのです。

 

ちなみに、樺沢さんの著作ではないですが、こういうのはものすごく好きです。

 

 ↑表紙が変わりましたね(笑)。

 

そして、スピリチャルと言って非難する人は読まない方がいいかもしれませんが・・・信じるならば信じてみよう、のこれ↓

 

あながち、おかしな理論ではないと自身は信じています。

(言葉の力、は特に・・・)。

 

我々シミックグループ横断社内外共創ネットワークでも、強いご要望があって読書会を開催、非常に盛り上がりました(ちょうど、2年前・・・懐かしい面々も)

f:id:shyamamo:20210319072610j:plain

3Apr2018_RFA


 

 

最新のこれ↓は、読んでみようと思います。

 

一握りだけが一方的に一方的に話している、意見を求めても出てこない、「言えない」雰囲気にいませんか?

シミックグループ社内外共創の機会です。

どなたでもご参加可能(社内含め先着100名)

f:id:shyamamo:20210308231018j:image

 

ご希望あらば、なんらかの形でご連絡ください(当方とお繋がりがある方は直接、ない方はある方をなんらかの方法で探索して繋がってみてくださいね)。

山本 伸

 

 

 

 

本当に危機的な状況にならない限り行動を変えない、茹で上がり日本人の末路

卒業間近の息子が、Kizzaniaのチケット争奪ジャンケンに勝ってゲット。

暖かい3月初旬、豊洲まで出かけてみた。

キッザニアの主要ユーザーは中央値で小3。

うちの小6男子には、ちょっと退屈感があって・・・

結局、滞在時間4時間(よく持った)。

13時に退園、そのままフードコートへ直行。

非常に混雑している。

 

と、その時・・・「スマホde注文」なるポスター発見!

f:id:shyamamo:20210308231356j:image

これは素晴らしい、と早速やってみた。

 

ららぽーと三井不動産系ゆえ、アプリ登録でお得なことが多数。

といっても、1年に1回来るかどうかの頻度で、わざわざ面倒な登録はなぁ・・・

と思いきや「スマホde注文」は、登録不要で即、使えた!

こういうユーザー視点での導線こそ、素晴らしいサービス。

 

で、さっさと好きな“肉“系を発見した息子は、さっさと会計し終えた。

当方、悩みながらもつけ麺店の長蛇に並びながら「スマホde注文」では受け付けてないことを知る(驚)。

仕方がないので、代替品として別の店舗の「カレー肉うどん」をサクッと注文。

徒歩2分ほど離れていたのだが、てくてく歩いて到着すると、既にお品物は出来上がっていた!

 

ということで、こちらのうどん店も長蛇の列、を尻目にサクッと受け取り

(当然、お会計は注文直後のサイト内にて、カード支払済)

 

わずか3分で、自席に戻ってランチスタート!

 

なぜ、これほど楽で便利なサービスを、皆さん、使わないの?

休日だから、のんびり並びながら友人と、家族との会話を楽しみのんびりしているという人もいる。

が、しかし、どちらかと言えば「ボーっと」突っ立ってたり、独りでスマホいじっている人が目立つ。

だったら、スマホde注文、でサクッとオーダー&受け取りして、席に座ってくつろげばいいのに・・・。

 

そういえば、近所のパン屋さん、繁盛しているのだが「PayPay」が使える。

にもかかわらず、自身が1時間観察したある日、60名以上の支払い客のうち、たったの2名しかPayPayを使っていなかった(驚)。

 

電子マネーの是非、Pros/Consは色々ある。

でも、それ以上にベネフィットの方がデカイと思えないのだろうか。

 

日本人は、本当に「変わる」「変える」ことに対して壁が極度に高い。

そして「失敗を極度に恐れる」のが、ダントツの世界一。

 

特に困ることは無い、茹でガエルの集団に飲み込まれないように、観察と学びを繰り返しグローバル思考で行こうと、改めて決意した土曜の豊洲でした(爆)。

 

イノベーションが必ず始まる5ステップは常に「個々人の目的の共有」から!

なぜ私の組織ではイノベーションが起こらないのか?

書籍『START INNOVATION』から学ぶ、イノベーションが必ず始まる5ステップ

昨年の7月に実施、30名以上が参加した完全オンライン読書会。

f:id:shyamamo:20210125210121j:image

note.com

 

その5ステップとは・・・

Step 1
目的を共有...なぜ本書に興味を持ったのか?なぜクラファンに支援したのか?

Step 2
問いを立てる...著者にどんな問いを投げ掛ければ、自身の目的が達成できるだろうか?

Step 3
個人探索...他者の質問を1つ選択し、書籍の中から答え・ヒントを探索、または自身の知識や経験にどのようなヒントがあるか?

Step 4
探索結果の共有...個々人が探索した結果を4名のチームごとに分かれて共有し、ご自身が誰かのために探索した結果が、別の誰かにとっての気づきや学びを誘発するとしたら?

Step 5
新たな視点の獲得そして振り返り...同じチームメンバーによる共創のためにセントラルクエスチョン「イノベーションを起こし始めるために最も重要な3つの肝とは?」を投げかけると?

 

 

続編も、日本語版でます↓

 

あなたを管理するのは誰か?チームで働くということ(社員の独立性とは?1日1冊)

価値観と科学に基づく経営で大成功を収めたアムジェン。

その経営における「科学的な方法」とは・・・

世界最高のバイオテク企業

世界最高のバイオテク企業

 

 ーーー

 

ステップ1:答えたいと思う質問を定義する

「仮説を検証するために管理された環境を作るのが実験である」

事例)2つではなく1つの製品の販売をした方が、セールスマンはより心地よく、より生産的になれるのか?

 

ステップ2:実験の詳細を決定する

・客観的な測定を確保するには、被験者の無作為化+被験者の性質をできるだけ同一にする

事例)現在のやり方群と、新しい方法群双方の販売員が同数の顧客と同じような大きさの担当地域を持っている

 

ステップ3:結果をどのように測定するかを決定する

・営業スタッフの満足度を1−5で評価

・販売実績を前期の実績と比較

・販売実績を販売割当と比較

 

このようにして、データという証拠を集めて分析する「科学的アプローチ」は自由な思考を促進する。

質の高い試験結果に基づく意思決定は、「いいアイデア」「悪いアイデア」あるいは「彼のアイデア」「彼女のアイデア」というレベルから抜け出して判断を非人格化する。

 

重要なのはアイデアそのものを評価すること、提案者を評価するのではない。

検討して上手くいかなかった結果から、何を学べるかを議論し、それから前に進めばいい。

(第3章:科学とビジネスの遭遇 pp.73-76より改変)

ーーー

 

その他、第10章「アムジェンはどうやって社員をやる気にさせていたのか」には、組織構築や人財活用に関する金言が多数散りばめられている。

 

一部キーワードを紹介したい。

 

・協働的な環境を創造する

・社員には間違える権利がある

・自由な視点

・不必要な争いを避ける

・相互の信頼と尊敬

・不必要な階層を除去する

・社員の成長を支援する

・たいていの場合は楽しくやっていい

・称賛、時間、気配りは気前よく

・評価の中に価値観を加えよ

・社員が誇れる会社であれ

・活気を保つため変化を取り入れよ

ーーー

 

科学的経営、価値観経営、最高である。

 

f:id:shyamamo:20210112234808j:image

 

 

 

10%の改善より10倍の成長を目指せ(1日1冊)

同じ努力の量をするならば、10%アップではなく10倍アップを目指したほうが実りも大きい。

少しお湯を足してあっためようという程度の対策ではなく、どうすれば10倍熱くし、絶対冷めないようにするためにはどうするかというエクスポネンシャル思考が必要だ。

外の競争環境は激烈なのだから、激烈なアクションが求められる。

さもないと、6つの“D“により既存事業や業界自体が、瞬く間に破壊されてしまうのだ。

 

f:id:shyamamo:20210112233056j:image

 

 

エクスポネンシャル思考

エクスポネンシャル思考

 

 

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

 

 

社長にとって「いい会社」か、社員にとって「いい会社」か?(1日1冊)

新入社員に必要なのは「価値観の転換」

 

学校教育では、テストで良い点数を取れば褒められます。

必要なのは知識量でした。


しかし会社では、物事を知っているだけでは駄目。

例えば営業の方法を知っていても、顧客から1つも注文が取れなければ意味がないのです。


「知っていること」と「できること」は別。

社員が入社すると、技術習得よりも何よりも、まずはこの考え方を教え込んでいきました。

 

---

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み(大山健太郎著;日経BP社)

「Choice 11 社長にとって「いい会社」か社員にとって「いい会社」か」より

 

f:id:shyamamo:20210112230801j:image

 

 

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み

 

 

アイデアソンやイノベーション推進部から何も生まれない(泣)だったらこの4つの質問に答えよ(1日1冊)

ハッカソンで盛り上がっても、イノベーションラボを作っても、そこからは何も生まれないし続かない。

 

イデアを具体化するためには、4つの質問に返答できる情報を、ビジネスモデルキャンバスで表現しデザインすることが重要なのだ。

 

・Can it be done? 実現可能性は?

・Should it be done? 魅力度は?お客様から受け入れられるか?

・Can it be done profitabily? 収益性は?

・Can it be done at scale? 市場はあるのか?

 

f:id:shyamamo:20210111233313j:image

 

 

 

 

2030年人類は感染症の恐怖から解放される(未来の医療年表〜イノベーションで変わる医療:1日1冊)

「インフォデミック」時代に生きる私たちは、情報の洪水に溺れる事態を免れるためにも最新の医療事情について正確な知識を携え、我が国の医療の行く末についてクリアな視野を確保しておく必要があります。

(奥真也著「未来の医療年表 10年後の病気と健康のこと(講談社現在新書)」より引用)。

 

まったくその通りと思う。

健康、誰もが必要とする究極のマインドセット

 

製品・サービスを提供する側になるか、自社内でサービスを供給・浸透する側になるか。

どんな企業も組織も、どんな人であっても、ヘルスケアとは無関係でいられない。

 

だからこそ、誰もが最新の医療情報(医学的な知識だけを指すのではない)に精通し、自身の・家族の・チームの健康についての信念を確立しよう。

ーーー

 

2023年 オンライン診療が定着

2025年 初の本格的認知症薬誕生

2032年 AI診察の普及と、AI医師法が制定へ

2035年 ほとんどの癌が治癒可能に

2040年 神経難病克服・人工臓器時代へ

ーーー

 

20XX年・・・頭脳が不老不死を獲得?

(個人的な妄想です)

 

f:id:shyamamo:20210111232604j:image

 

 

 

スタンフォード大教授Dr.Zの「生きがい人生」7つのヒント(1日1冊)

 

スタンフォード式生き抜く力

スタンフォード式生き抜く力

 

 

1)現在・過去・未来をバランスよく使いこなす

過去から学び、現在の感情にも心を向け、未来に向けて期待を目標と期待を持つ

 

2)生涯をかけて学びを大切にする

求められるスキルや知識、価値観さえも急速にアップデートされるゆえ、学び続ける

 

3)「情熱リスト」で自分の熱意を育む

情熱が向く将来の目標を書き留め、熱い思いを常に再確認し情熱を育む

 

4)シャイな自分を捨て、社会でみんなとつながる

人生という名のパーティで社交的な、活発なホストになる

 

5)自分をリメイクし続ける

当たり前や先入観から、時々脱線して、失敗から学ぶ

 

6)社会派の「はみ出し行動」を大切にする

日和見主義におさらば!建設的な行動を積極的に取る

 

7)社会の変化に貢献するヒーローを志す

エンパシーと思いやりを心の中心におき、誰かのために行動する

 

f:id:shyamamo:20210111232215j:image

 

リモートワーク時代に必須の「ビジネスモデル・トランスフォーメーション(BMX)」(1日1冊)

1)当たり前を疑え

毎日出社?通勤圏に暮らす?満員電車?集合研修?子育て中は時短?

 

2)人財募集は国内外から

これからは距離・言語の壁はグングン低くなっていく

 

3)雇用形態も多様性を担保せよ

正規雇用フリーランス、業務委託、選択肢は働き方によって様々

 

f:id:shyamamo:20210111231814j:image